メニューへ

雑記帳

ここの更新は更新記録のページには記載していないことが多々あります。よろしく。

各見出し部分に各記事へのリンクを表示するようにしましたので必要な方はご利用ください。

GIMP 2.10

この記事へのリンク

GIMP 2.10、インストールしました。MacPortsを利用してるのですが、この環境では MyPaintをインストールしていると GIMP 2.10をインストールできないようです。

GIMP 2.10 では MyPaint のブラシが使えるようになっていて、それに libmypaint というパッケージを必要としているのですが、このパッケージは MyPaint と同居できないのです。そのため GIMP 2.10 をインストールしようとすると configure の途中でエラーが出て中断してしまいます。

しょうがないので、一旦 MyPaint を deactivateして libmypaint をインストール。そうするとあっさり GIMP 2.10 をインストールできました。で、libmypaint をdeactivate、MyPaint を activateすれば一件落着——とはなりませんでした。libmypaintがない状態では GIMP 2.10は起動しないんですね、やっぱり。

これまたしょうがないので、MyPaintを使うときだけ libmypaint をdeactivate、MyPaint を activateしてやることにします(GIMPの方が使用頻度が高いので)。いちいちコマンドを打ち込むのはめんどくさいので、起動用スクリプトを作ります。

#! /bin/sh

sudo port deactivate libmypaint
sudo port activate mypaint
mypaint
# MyPaintが終了したら元に戻す
sudo port deactivate mypaint
sudo port activate libmypaint

打ち込んでいたコマンドを順に並べただけです。これでもいいのですが、パスワードを入力したり、本当にdeactivateしていいかの問い合わせに答えたりしなきゃならないので面倒です。ということで改良版。

#! /bin/sh

mypass="パスワード"

expect -c "
       spawn sudo port deactivate libmypaint
       expect {
       	      \"Password:\" {
       	      send \"${mypass}\n\"
	      exp_continue
	      }
       	      \"Continue?\" {
       	      send \"y\n\"
	      }
	   }
       expect eof

       spawn sudo port activate mypaint
       expect \"Password:\"
       send \"${mypass}\n\"
       expect eof
"

mypaint

expect -c "
       spawn sudo port deactivate mypaint
       expect \"Password:\"
       send \"${mypass}\n\"
       expect eof

       spawn sudo port activate libmypaint
       expect \"Password:\"
       send \"${mypass}\n\"
       expect eof
"

expectコマンドなんていうものを使うのは初めてなので、ネットのあちこちを参考にして組みました。依存関係が改善されてGIMPとMyPaintが共存できるようになるまでのつなぎ、になればいいなあ。

HTTPS(SSL/TLS)化しました

この記事へのリンク

HTTPSスキームでアクセスできるようにしました。「常時SSL化」というやつですね。

うちのサイトで利用しているこのサーバを契約したのはずいぶん前(10年近く前)のことで、その時は「SSL化」についてはまったく気にかけてませんでした。実は利用しているサービスではSSL化できるものの、このサブドメインのままではSSL化は不可だったのです。「SSL対応にあらずんばサイトにあらず」な世の中になったらまた引っ越しせにゃならんのか、とか思ってたところ、この春からこのサブドメインでもSSL化OKとなったのでさっそく申し込んだわけです。

さて、「常時SSL化」したらHTTPでのアクセスは問答無用でHTTPSにリダイレクトするのが王道っぽいのですが、それはしないことにしました。HTTPでのアクセスにはHTTPSのリンクを表示して(トップページの場合ね)、どちらでも好きな方でどうぞという、ゆるゆる路線で当面は行きます。

このサーバでのSSL化は「SNI SSL」を利用していて、古い環境ではアクセスできないとのこと。例えばWindows XPでは全てのバージョンのIEが非対応なのだとか。そういう環境でうちのサイトにくる人がどれだけいるかはよくわかりませんが。

HTTP応答ヘッダ表示 修正

この記事へのリンク

とある方からメールフォームで連絡いただきました。

「HTTP応答ヘッダ表示」でエラーを見つけたので報告いたします。
アンパサンドを含むURLでは整形式になりませんでした。
たとえば次のようなものです。
https://www.google.co.jp/search?q=test&num=3

すみません。HTTP応答ヘッダ表示のバグです。対象URLを表示する際に全くエスケープせず出力してました。自分でもあきれてます。さっそく直しました。

前回の丸コピみたいな内容で申し訳ないです。

著作権記号

この記事へのリンク

© ©︎ ©️ 3つ並んでるこれは「著作権記号」ですが、一応それぞれ違う「文字」です。ただし、ブラウザ上では3つとも同じ字形で表示される環境が多いようです。ですので画像を用意しました。著作権記号 表示環境はMacOS High Sierra 付属のテキストエディットで、使用フォントはヒラギノゴシック。

1番目の文字は ©をブラウザで表示させたもので、3番目のはMacで「マルシー」や「コピーライト」を漢字変換すると出てくる文字です。漢字変換で出てきた文字と、ブラウザからコピペした文字が違うので、なんじゃこれはとなったわけです。ちなみに2番目は調べてる過程でみつけたもの。どうやって出したかは忘れた。

3つの文字のUnicodeのコード番号は「U+00A9」「U+00A9 U+FE0E」「U+00A9 U+FE0F」。2つ目と3つ目は、1つ目の異字体であることがわかります。著作権記号にも異字体があることに驚くのですが、「U+FE0E」と「U+FE0F」は「絵文字特化異体字セレクタ」と呼ばれるもので(参考:Unicode 異体字セレクタ - CyberLibrarian)、この場合の異字体は「絵文字」を表しています。そして「絵文字特化異体字セレクタ」の2つのうち「U+FE0F」(上の著作権記号の文字では3番目についているもの)は絵文字であることを表し、「U+FE0E」は絵文字ではないことを表しているとのこと(参考:2012-08-02 - Mac OS Xの文字コード問題に関するメモ)。

3つ目は絵文字だったんですね。そういえばちょっと色が違うな。上で「使用フォントはヒラギノゴシック」と書きましたが、実際に表示に使われているフォントは違います。1つ目は指定どおりヒラギノゴシックですが、2つ目は Lucida Grande、3つ目は Apple Color Emoji が使われています。

最近のMacで文章を書いていると漢字変換の候補に絵文字がよく出てくるなと思ってたんですが、変換候補は絵文字が優先されてるんですね。それはさておき、この著作権記号の絵文字、絵文字としての意味がないような気が。

改装3

この記事へのリンク

改装2の続き。

トップページの古いブラウザ対応をとりあえずしてみました。古いブラウザでトップページの画像がなぜ表示されないかというと、IMG要素にSVG画像を指定しているからです。そこで、古いブラウザの場合にはPNG画像になるようにしてみました(背景だけはJPEG画像)。

IE4.5
古い古いブラウザでの表示例 (IE4.5/Mac OS 9)

もちろんPNGに対応していない場合はやっぱり絵が出ないわけですが、さすがにそこまで古いブラウザに対応する必要はないでしょう。

この対応の主眼は、やはりHeartRails Capture対策でして、ここのサムネイルがいくつかの検索サイトで使われているからです。今のところ2か所見つけました。

ひとつ目はオリジナルサーチ『エルドラド』。結構前からサイトのキャプチャ画像を表示しているように思います。

もう一つは萌え画像検索とイラストサイト検索の『絵描きさん.NET』。個々のサイト管理者が情報を登録するタイプの検索サイトではなく、クローラーが巡回して自動的に情報を集めるタイプの検索サイトです。クローラーがせっせとアクセスしているのにサイトは放置されている雰囲気だったので、ゾンビサイト(死んでるのに動いてる)かなと思ったのですが、先日新クローラーの稼働などが発表されました。そのタイミングでHeartRails Captureのサムネイルを利用するようになったようです。

さて、SNS全盛の反面、自分で「ホームページ」を作って公開する人が激減してるっぽいです。ブログもしかり。使う人が減っているのでプロバイダが次々とWEBスペースの提供やブログサービスをやめていってます。そんな流れの中で、イラスト系の検索サイトも減ってきてるようですね。