メニューへ

雑記帳

ここの更新は更新記録のページには記載していないことが多々あります。よろしく。

各見出し部分に各記事へのリンクを表示するようにしましたので必要な方はご利用ください。

HTTP応答ヘッダ表示 修正

この記事へのリンク

とある方からメールフォームで連絡いただきました。

「HTTP応答ヘッダ表示」についてです。
http://***.**/*********
このURLを入力して、ソースを表示しない設定でOKするとエラーになりました。
内容は次の通りです。

XML パースエラー: 整形式になっていません。
URL: http://mimi.moe.in/scripts/headers.php
行番号: 45, 列番号: 13:
Link: <http://**.********.**/wp-json/>; rel="https://***.***.***/"
------------^

なお、ソースを表示する設定ではエラーになりませんでした。
よろしければ検証してみてください。
どうもありがとうございます。

すみません。HTTP応答ヘッダ表示のバグです。応答ヘッダの中身を全くエスケープせず出力してました。自分でもびっくりだよ。さっそく直しました。

さて、HTTP応答ヘッダ表示では、ソースを表示するときとしないときではサーバに対するリクエストが違います。ソースを表示しないときは「ヘッダだけちょうだい (HEAD)」、ソースを表示するときは「本文もくれ (GET)」とリクエストします。上記の「ソースを表示する設定ではエラーになりませんでした」というのは、対象のURL(伏せてあります)では、HEADとGETでは帰ってくる応答ヘッダが違うからなんですね。

なぜ違うかはわかりませんが、このサイトではHEADの場合は Link: <http://example.com/hogehoge/> という形式の情報が含まれるようです。ここに < や > が入っていたので「エラー」になっていたわけですね。

ちなみに、Wordpressのサイトでは標準で応答ヘッダに Link: 〜 を含むそうで、このサイトもWordpressでした。

薄型

この記事へのリンク

薄型信号機 街で見かけたLED式信号機。すごく薄く見えてびっくりした。表面は真っ平らで(ひさし)というか前に突き出したカバーもない。

薄くない信号機 では、比べてみよう。まずはそれなりに古いと思われるLED式信号機。たぶん電球式の筐体をそのまま使っているタイプなのだろう。サムネイルでは電球式と見分けがつかないくらいだ。

薄いかもしれない信号機 続いてそれなりに新しいかもしれないLED式信号機。薄くなってると同時に庇も短くなってる。

庇があるのは太陽光で信号が見えづらくなるのを防ぐためだと思うが、これが薄型にないのは、薄型は少し下向きになってるからなんだろう。

ナイトリーのアイコン2

この記事へのリンク

案の定、日替わりとまではいかないけれど数日でコロコロ変わってます。
地球のみ ➡︎ 青いきつね ➡︎ ホッブス ➡︎ フェニックス ➡︎ 旧きつね ➡︎ 写真入り

順に「以前の地球のみのアイコン」「青いきつね」「カルビンとホッブスのホッブス」「名称がPhoenix/Firebirdだった時のアイコン」「Firefoxのかなり前のアイコン」「顔がリアル(写真? 犬にしか見えないが)」。

ナイトリーのアイコン

この記事へのリンク

ブラウザはFirefox Nightlyをメインに使ってます。このNightlyのアイコンが8月13日になって急に変わったのですよ。

青いきつね
これまでの青いきつね
ホッブス
新バージョンのトラ

このトラは、アメリカの新聞マンガ「カルビンとホッブス」のキャラクター、ホッブスとのこと。なぜこれに変わったのだろう……。(一時的なものと思うけど)

改装2

この記事へのリンク

改装の続き。

キャプチャ画像(HeartRails Capture) 対応していない実例に遭遇してしまいました。 サイトのキャプチャ画像の小さいのを作ってくれるサービス、HeartRails Captureです。

この手のサービスでは、サムネイル画像が生成されるまでかなり待たされたり、いくら待っても結局画像が出てこなかったりする場合があるのですが、HeartRails Captureは、速度については特に問題なく、画像のサイズや縁・影・角丸の有無の指定が可、登録も不要で無料で使えるというなかなかいいサービスなのです。ですが、うちのサイトに関しては残念な表示です。

キャプチャするためにアクセスしてくる際のUA名は Mozilla/5.0 (X11; U; Linux i686; en-US; rv:1.9.2.17) Gecko/20110515 HeartRails_Capture/1.0.4 (+http://capture.heartrails.com/) Namoroka/3.6.17 で、このサービスのレンダリングエンジンがUA名どおりだとすると、Gecko(Firefoxのレンダリングエンジン)で、それもFirefox3.6のもの(NamorokaはFirefox3.6のコードネーム)です。かなり古いですねえ。

さて、ついでにほかのキャプチャサービスも試してみました。

キャプチャ画像(Blinky) Blinky - Web thumbnail service with Ruby and Webkit
結構早く画像を作ってくれます。大きさは4種類ありますが、いずれも正方形です。ウィンドウサイズが縦長の状態でキャプチャしたものの上の方から正方形に切り取ったように見えます。

キャプチャ画像(WordPress.com) WordPress.comの非公開APIだそうです。https://s.wordpress.com/mshots/v1/http%3A%2F%2Fexample.com%2F?w=300 という形で指定します。かなり遅い模様。結果の画像内容に関しては、今回紹介した中では一番まとも。