メニューへ

雑記帳

ここの更新は更新記録のページには記載していないことが多々あります。よろしく。

各見出し部分に各記事へのリンクを表示するようにしましたので必要な方はご利用ください。

改装3

この記事へのリンク

改装2の続き。

トップページの古いブラウザ対応をとりあえずしてみました。古いブラウザでトップページの画像がなぜ表示されないかというと、IMG要素にSVG画像を指定しているからです。そこで、古いブラウザの場合にはPNG画像になるようにしてみました(背景だけはJPEG画像)。

IE4.5
古い古いブラウザでの表示例 (IE4.5/Mac OS 9)

もちろんPNGに対応していない場合はやっぱり絵が出ないわけですが、さすがにそこまで古いブラウザに対応する必要はないでしょう。

この対応の主眼は、やはりHeartRails Capture対策でして、ここのサムネイルがいくつかの検索サイトで使われているからです。今のところ2か所見つけました。

ひとつ目はオリジナルサーチ『エルドラド』。結構前からサイトのキャプチャ画像を表示しているように思います。

もう一つは萌え画像検索とイラストサイト検索の『絵描きさん.NET』。個々のサイト管理者が情報を登録するタイプの検索サイトではなく、クローラーが巡回して自動的に情報を集めるタイプの検索サイトです。クローラーがせっせとアクセスしているのにサイトは放置されている雰囲気だったので、ゾンビサイト(死んでるのに動いてる)かなと思ったのですが、先日新クローラーの稼働などが発表されました。そのタイミングでHeartRails Captureのサムネイルを利用するようになったようです。

さて、SNS全盛の反面、自分で「ホームページ」を作って公開する人が激減してるっぽいです。ブログもしかり。使う人が減っているのでプロバイダが次々とWEBスペースの提供やブログサービスをやめていってます。そんな流れの中で、イラスト系の検索サイトも減ってきてるようですね。

FTPクライアント

この記事へのリンク

OS X が Lion になって以降、FTPクライアントは Transmit 4を使ってた。今年7月にTransmit 5が出たのだけど、バージョンアップしないことにした。サイト運営(新規・更新のファイルをサーバにアップロードしたり、ログをダウンロードしたり)でしか使ってないので、「新機能」なんていらないわけですよ。それよりもファイルのタイムスタンプを保持して転送する際にサーバによってはタイムスタンプが9時間ずれる場合に対処できない(クライアントとして正しい動作をしているので対処しませんというスタンスらしい)のをなんとかしてほしいのだけど、Transmit 5のリリースノートを見る限りそのままっぽい。

で、Transmit 4をそのまま使っていたところ「試用期間がすぎました」というメッセージが出た。シリアル番号を再度登録するとまた普通に使えるようになったが、何日かするとまた「試用期間が…」のメッセージが。

使い続ける気がしなくなったので、別のソフトに移行することにした。Cyberduckはなんだか振る舞いが気色悪いので(※個人の感想です)、Filezillaを使うことにした。ほかによいソフトがあればまた移行するつもり。

HTTP応答ヘッダ表示 修正

この記事へのリンク

とある方からメールフォームで連絡いただきました。

「HTTP応答ヘッダ表示」についてです。
http://***.**/*********
このURLを入力して、ソースを表示しない設定でOKするとエラーになりました。
内容は次の通りです。

XML パースエラー: 整形式になっていません。
URL: http://mimi.moe.in/scripts/headers.php
行番号: 45, 列番号: 13:
Link: <http://**.********.**/wp-json/>; rel="https://***.***.***/"
------------^

なお、ソースを表示する設定ではエラーになりませんでした。
よろしければ検証してみてください。
どうもありがとうございます。

すみません。HTTP応答ヘッダ表示のバグです。応答ヘッダの中身を全くエスケープせず出力してました。自分でもびっくりだよ。さっそく直しました。

さて、HTTP応答ヘッダ表示では、ソースを表示するときとしないときではサーバに対するリクエストが違います。ソースを表示しないときは「ヘッダだけちょうだい (HEAD)」、ソースを表示するときは「本文もくれ (GET)」とリクエストします。上記の「ソースを表示する設定ではエラーになりませんでした」というのは、対象のURL(伏せてあります)では、HEADとGETとでは返ってくる応答ヘッダが違うからなんですね。

なぜ違うかはわかりませんが、このサイトではHEADの場合は Link: <http://example.com/hogehoge/> という形式の情報が含まれるようです。ここに < や > が入っていたので「エラー」になっていたわけですね。

ちなみに、WordPressのサイトでは標準で応答ヘッダに Link: 〜 を含むそうで、このサイトもWordPressでした。

薄型

この記事へのリンク

薄型信号機 街で見かけたLED式信号機。すごく薄く見えてびっくりした。表面は真っ平らで(ひさし)というか前に突き出したカバーもない。

薄くない信号機 では、比べてみよう。まずはそれなりに古いと思われるLED式信号機。たぶん電球式の筐体をそのまま使っているタイプなのだろう。サムネイルでは電球式と見分けがつかないくらいだ。

薄いかもしれない信号機 続いてそれなりに新しいかもしれないLED式信号機。薄くなってると同時に庇も短くなってる。

庇があるのは太陽光で信号が見えづらくなるのを防ぐためだと思うが、これが薄型にないのは、薄型は少し下向きになってるからなんだろう。

ナイトリーのアイコン2

この記事へのリンク

案の定、日替わりとまではいかないけれど数日でコロコロ変わってます。
地球のみ ➡︎ 青いきつね ➡︎ ホッブス ➡︎ フェニックス ➡︎ 旧きつね ➡︎ 写真入り

順に「以前の地球のみのアイコン」「青いきつね」「カルビンとホッブスのホッブス」「名称がPhoenix/Firebirdだった時のアイコン」「Firefoxのかなり前のアイコン」「顔がリアル(写真? 犬にしか見えないが)」。