雑記帳

このページは下の方が新しい項目です。

GIMP 2.10

この記事へのリンク

GIMP 2.10、インストールしました。MacPortsを利用してるのですが、この環境では MyPaintをインストールしていると GIMP 2.10をインストールできないようです。

GIMP 2.10 では MyPaint のブラシが使えるようになっていて、それに libmypaint というパッケージを必要としているのですが、このパッケージは MyPaint と同居できないのです。そのため GIMP 2.10 をインストールしようとすると configure の途中でエラーが出て中断してしまいます。

しょうがないので、一旦 MyPaint を deactivateして libmypaint をインストール。そうするとあっさり GIMP 2.10 をインストールできました。で、libmypaint をdeactivate、MyPaint を activateすれば一件落着——とはなりませんでした。libmypaintがない状態では GIMP 2.10は起動しないんですね、やっぱり。

これまたしょうがないので、MyPaintを使うときだけ libmypaint をdeactivate、MyPaint を activateしてやることにします(GIMPの方が使用頻度が高いので)。いちいちコマンドを打ち込むのはめんどくさいので、起動用スクリプトを作ります。

#! /bin/sh

sudo port deactivate libmypaint
sudo port activate mypaint
mypaint
# MyPaintが終了したら元に戻す
sudo port deactivate mypaint
sudo port activate libmypaint

打ち込んでいたコマンドを順に並べただけです。これでもいいのですが、パスワードを入力したり、本当にdeactivateしていいかの問い合わせに答えたりしなきゃならないので面倒です。ということで改良版。

#! /bin/sh

mypass="パスワード"

expect -c "
       spawn sudo port deactivate libmypaint
       expect {
       	      \"Password:\" {
       	      send \"${mypass}\n\"
	      exp_continue
	      }
       	      \"Continue?\" {
       	      send \"y\n\"
	      }
	   }
       expect eof

       spawn sudo port activate mypaint
       expect \"Password:\"
       send \"${mypass}\n\"
       expect eof
"

mypaint

expect -c "
       spawn sudo port deactivate mypaint
       expect \"Password:\"
       send \"${mypass}\n\"
       expect eof

       spawn sudo port activate libmypaint
       expect \"Password:\"
       send \"${mypass}\n\"
       expect eof
"

expectコマンドなんていうものを使うのは初めてなので、ネットのあちこちを参考にして組みました。依存関係が改善されてGIMPとMyPaintが共存できるようになるまでのつなぎ、になればいいなあ。

GIMP 2.10 メタデータ

この記事へのリンク

GIMP2.10は様々な点で機能が上がってて、メタデータの編集ができるようになっています。

GIMP2.8.20「画像属性」
GIMP2.8.20「画像属性」

2.8にもファイルメニューに「画像ファイルのプロパティ」という項目があり、メタデータのウィンドウが出ましたが編集はできませんでした(ウィンドウを閉じた時点で書き込んだ内容が消えてしまう)。

GIMP2.10.0「Metadata Editor」
GIMP2.10.0「Metadata Editor」
GIMP2.10.0「Metadata Viewer」
GIMP2.10.0「Metadata Viewer」

GIMP2.10ではメタデータの編集と表示で別のメニューになっていて、画面構成や表示形式も違うものになっています。

Metadata Editor は、メタデータの種類別に「Description」「IPTC」「IPTC Extension」「Categories」「GPS」「DICOM」とタブが分かれています。

「Description」
画像の説明で、タイトルや作者、権利情報などの項目があります。
「IPTC」と「IPTC Extension」
ニュース写真用のメタデータで、撮影者や撮影地点、被写体などの情報です。
「Categories」
カテゴリー情報です。「Category」欄は3文字しか入らないので、分類コードを入れる欄なのだと思います。Photoshopでも同様で、Adobeのオンラインヘルプでは「Associated Press 分類に基づいて情報を入力できます。」と説明していますが、具体的な説明は見つけられませんでした。
「GPS」
撮影地点の緯度・経度・高度(海抜あるいは深度)の情報です。
「DICOM」
医療画像用の情報です。

さて、「自作絵のメタデータ」に的を絞って見ていきましょう。入れておきたい情報としてはおそらく「作者名」「権利情報」「連絡先」そして「作品名や作品の説明」あたりでしょうか。

これらのうち連絡先以外は「Description」タブにある項目で入力することができます。

Document Title作品タイトル
Author作者
Author Title作者の肩書 (課長とかチーフディレクターとか。自作絵では関係なさそう)
Description作品の説明
Ratingレイティング(評価)。「評価しない」または1〜5の5段階。星の数で表されることが多い
Description Writer説明を書いた人。作者以外が書いた場合に記入
Keywordsキーワード。2つ以上の場合はカンマで区切る
Copyright Status著作権の状態。「Unknown(不明)」「Copyrighted(著作権保有)」「Public Domain(著作権放棄=他者が自由に利用できる)」の3択。自作絵の場合は「不明」ということはないので実質「Copyrighted」と「Public Domain」の2択
Copyright Notice著作権の情報。クリエイティブ・コモンズなど既存のライセンスを利用している場合はここにそのライセンス名を書く
Copyright URL著作権情報のURL

名前以外の作者の情報(連絡先)は、「IPTC」タブの項目が利用できます。

Adress住所(町名・番地など)
City市町村
State / Province都道府県
Postal Code郵便番号
Country
Phone(s)電話番号
Email(s)メールアドレス
Website(s)サイトのURL

もちろん必要な項目だけ記入すればいいです。

書き終わったら右下の「Write Metadata」をクリックするのを忘れずに。これで現在編集中の画像内に保持されます。このメタデータは TIFFやPNG、JPEG、WebPで保存するときに埋め込むことができます。(もちろんXCFでも保存される)

メタデータだけを保存することもできます。ウィンドウ左下の「選択:」部分がプルダウンメニューになっていて「Import Metadata」「Export Metadata」の項目を選ぶことでファイルからの読み込み、ファイルへの書き出しができます。残念ながらこのファイルはXMPファイルではなく、gimp-metadataをルート要素とするXMLファイルです。ま、独自ファイルってことですね。XMPファイルを読ませてみても文句は言わないかわりに華麗にスルーされます(エラーは出ないが読み込まない)。GIMP 2.8ではとりあえずXMPファイルの読み書きはできたのにね。なので、他からメタデータのテンプレートをGIMPに持ってくるには、画像に埋めて持ってくるしかない訳ですね。

縁取りスクリプト改修

この記事へのリンク

大昔(2009-07-17)に作ったスクリプト、GIMP 2.10 ではエラーが出ていたのを改修。

どこでエラーが出ていたかというと、何色で塗りつぶすかの指定部分です。透明なら"TRANS-IMAGE-FILL"、描画色なら"FOREGROUND-FILL"という指定だったのですが、この指定のキーワードが(どのバージョンからかは知りませんが)変更になっていて、2.10ではもう古いキーワードは受け付けない、ということのようです。ちなみに現行ではそれぞれ"FILL-TRANSPARENT"、"FILL-FOREGROUND"となっています。

MacのGIMPで游ゴシック体を使う

この記事へのリンク

おや、GIMPでは游ゴシック体とかが使えないぞ。なんとかしよう、という話。

MacOS ではフォントがインストールされる場所は「/System/Library/Fonts」と「/Library/Fonts」、そして各ユーザー用の「~/Library/Fonts」の3か所とされてきました。フォントの扱いが標準のアプリと違う、GIMPなどのUnux系ツールでもこの3か所にあるフォントはちゃんと使えていました。ところが、MacOS 10.12(Sierra)以降ではインストールされる場所が違うフォントが登場しました。「必要に応じてダウンロードできるフォント (High Sierraのリスト)」(Sierraのリスト)です。これに属するのが、游ゴシック体・游明朝体・游教科書体や凸版文久ゴシックなどの割と最近に追加されたフォントとOsakaフォントです。……えーと、ヒラギノ以外の日本語フォント全て、かな? 1フォントずつ個別のフォルダにインストールされていることもあり、これらのフォントはGIMPでは使えない状態となっています。

ちなみに、「必要に応じてダウンロードできるフォント」のうち、対応言語に日本語が含まれるものは、OSをインストールした時に最初からインストールされるようで、あとでダウンロードする必要はありません。(もちろんOSの言語設定を日本語にしてインストールした場合)

幸い、GIMPにはフォントフォルダが用意されているので、各フォントのシンボリックリンクを作ってそこへ入れてやれば使えるようになります。

ということで、「必要に応じてダウンロードできるフォント」のシンボリックリンクを作るスクリプトを書きました。→ ダウンロード

#!/usr/bin/perl
use strict;
use warnings;
use File::Path;
use File::Find;
use File::Basename;

# 収集用ディレクトリの作成
my $coll_dir ="OptionFonts";
my $wd = dirname($0);
my $coll_dir_f = $wd."/".$coll_dir;

if (-d $coll_dir_f ){
    die "収集用フォルダ$coll_dirがすでにあります。終了します\n"
}
mkpath $coll_dir_f;

my @all_files = glob "/System/Library/Assets/com_apple_MobileAsset_Font*";

my $file;
for $file (@all_files){
    if (-d $file ) {              # ディレクトリならば実行
	find( \&getfont, $file );
    }
}
sub getfont {
    my $new;
    if (($_ =~/\.ttf$/i)|($_ =~/\.ttc$/i)|($_ =~/\.otf$/i)) {
	$new = $coll_dir_f."/".$_;
	symlink $File::Find::name, $new  or warn "can't link :$!";
    }
}

このスクリプトを実行するには——

  1. 上の「ダウンロード」のリンクからcollector.zipをダウンロード。
  2. (必要なら適切なフォルダに移して)collector.zipをダブルクリックして解凍。collector.plができる
  3. ターミナル (「アプリケーション」フォルダ内の「ユーティリティ」フォルダにある)を起動
  4. ターミナルのウィンドウに collector.pl を放り込む
  5. (collector.pl のフルパスが表示されるので)リターンキーを押す

実行すると、このスクリプトのあるフォルダに「OptionFonts」というフォルダができ、その中に「必要に応じてダウンロードできるフォント」のシンボリックリンクができます。それをGIMPのフォントフォルダに移します。

GIMPのフォントフォルダを開くには——

  1. GIMPを起動して設定メニューを開く。APP版はメニューの「GIMP」内、そうでないものは編集メニュー内にある
  2. 左の欄の一番下、「フォルダー」の項目の頭にある+印、または三角印をクリック
  3. その中の「フォント」をクリック。右側にフォルダのリストが表示される
  4. /Users で始まるフォルダが個人用。そうでない方は全体用。全体用は「要管理者権限」なので、自分しか使わない場合は個人用を選べばよい
  5. GIMP 2.10の場合
    1. GIMP 2.10 の設定ダイアログ 選んで(クリックして)上の欄の右端の書類キャビネットのようなアイコンをクリックすると、そのフォルダが選択状態になったFinderのウィンドウが開く
    GIMP 2.8 やそれ以前のバージョンの場合
    1. GIMP 2.8 の設定ダイアログ 選んで(クリックして)上の欄をコピー
    2. Finder「移動」 Finder の「移動」メニューから「フォルダへ移動...」を選択
    3. 「フォルダの場所を入力:」という欄が出てくるので、そこへ貼り付け(ペースト)して「移動」をクリックするとそのフォルダが開く

このフォントフォルダにシンボリックリンクファイルを入れて、GIMPを立ち上げ直せば、游ゴシック体などが使えるようになります。

MacのInkscapeで游ゴシック体を使う

この記事へのリンク

おや、Inkscapeでは游ゴシック体とかが使えないぞ。なんとかしよう、という話。 MacのGIMPで游ゴシック体を使うの続きです。

Inkscapeでも事情は同じですが、こちらはフォントフォルダが用意されていないので少しばかり面倒な作業になります。端的にいうと、追加のフォントフォルダを新たに指定する作業です。

まず設定ファイルを調べます。

~/.fonts.conf がある場合。これは ~/.config/fontconfig/fonts.conf へのシンボリックリンクになってるはずです。なので ~/.config/fontconfig/fonts.conf を編集します。編集はviなりvimなりemacsなりお好きなツールでどうぞ。「テキストエディット」でも編集できます。

テキストエディットで~/.config/fontconfig/fonts.confを開く方法

  1. まずテキストエディットを起動
  2. フォルダの場所「~/.config/fontconfig/」をコピー
  3. Finderの「移動」メニューから「フォルダに移動...」を選択
  4. 「フォルダの場所を入力:」欄にペーストして「移動」をクリック
  5. 開いたフォルダ内のfonts.confファイルを掴んで、Dockのテキストエディットのアイコンの上へ重ねて放す
fonts.confの例
<?xml version="1.0"?>
<!DOCTYPE fontconfig SYSTEM "fonts.dtd">
<fontconfig>
 <match target="font" >
  <edit mode="assign" name="hinting" >
   <bool>true</bool>
  </edit>
 </match>
 <match target="font" >
  <edit mode="assign" name="hintstyle" >
   <const>hintslight</const>
  </edit>
 </match>
 <match target="font" >
  <edit mode="assign" name="antialias" >
   <bool>true</bool>
  </edit>
 </match>
 <dir>/Users/akr/Library/Application Support/GIMP/2.10/fonts</dir>
</fontconfig>

GIMPのフォントフォルダを<dir>と</dir>ではさんだ行を追加します(上の例の強調部分)。GIMPを使ってないなら、自分で適当な場所にフォントフォルダを作って、それを指定します。

~/.fonts.conf (~/.config/fontconfig/fonts.conf) がない場合は、新しく作ります。

設定ファイルの例
<?xml version="1.0"?>
<!DOCTYPE fontconfig SYSTEM "fonts.dtd">
<fontconfig>
 <dir>/Users/akr/Library/Application Support/GIMP/2.10/fonts</dir>
</fontconfig>

~/.fonts.confとして保存してからInkscapeを起動すると、この設定ファイルは ~/.config/fontconfig/fonts.conf に移され、~/.fonts.confはこのファイルへのシンボリックリンクになります。

これで Inkscape で游ゴシック体などが使えるようになります。