ぐだぐだ書いてあるページ

このページは下の方が新しい項目です。

Dead or Alive 2

ふらっとはいったゲーセンにおいてあったので初プレイしてみました。今回、かすみのコスチュームにセーラー服はないみたい(笑)。それで第一カラーの伝統的青かすみを選択。…どういうことか、初見でノーミスクリアしてしまいました(大爆笑)。この店での難易度設定がどうなってるのかわかんないですけどねえ。体力ゲージ1本だけの1本勝負(1本先取)でした。

体力ゲージといえばトイファイターだったっけ、あれが体力ゲージ5本あって「おお、インフレしとる」と思ったもんですが。あ、どっちもNAOMI基盤だ。

Dead or Alive 2

きょうは対戦をしてみた(珍しく乱入してみたのだ)。3本先取だった。3-1でわしの勝ち、しかも1本取られたあとの4本目ではパーフェクト勝ちだった。…こんな勝ちかたできるのは今のうちだけのような気がする(^-^; ちなみにわしは技表なんか見ずにてきとーにプレイするタイプです。対戦相手は一生懸命コマンドリスト見てたようでした。

play, main, rain...

プレー、メーン、レーン... いずれも新聞での表記です。わたしならプレイ、メイン、レインと書くところですが。なんでこんな書き方にするんでしょうかね。それでは train(列車)をトレーン、rainbow(虹)をレーンボーと書くかというとそうでもないようです(ごめん、未確認)。

coming soon

らふc3 4kb
まだまだこんなかんじ。ペースが遅い遅い(^-^;; とかいいながら完成しましたが…さて。

Nengajo

うま
うま。やっぱりプリントゴッコなんですが、色がさびしいのでマーカーで色をちょびっとつけてたり。

Dead or Alive 2

やっぱりというか、かすみにセーラー服コスチュームがありましたね。タイトル画面でPとKを押しながらスタートで使えるとのこと。今までと違って非常にオーソドックスなセーラー服です。

tryout version

「体験版」って英語でなんというのか分からんので、記憶の片隅に引っかかってた"tryout version"って単語を入れておきます。「翻訳の王様」に喰わせると「適性審査バージョン」となるんですが(笑)。

ずいぶん前に「シェンムー」の体験版を頂きました。ゲームショップで体験版もらうの初めてだったのでなんとなくうれしかったです(爆)。

で、主人公やヒロインなど3Dの造形がよくできてます。湯川元専務なんかむちゃくちゃよくできてます(笑)。たぶんマッピングデータに写真を使ってるせいもあるんでしょう。リアル路線まっしぐらですかね。ただしよいのはここまで。街のふつーのおじさんおばさんがどうしようもなくこわいです。まるでケンミンの焼ビーフン状態(わけのわからんたとえですまん)。リアル調がみごとに裏目に出てます。これは2Dの絵に描くのも同じことで、普通の人をヘタにリアルに描くとへんなとこが強調されてしまって妙な絵になってしまう状態ですねえ。それにしてもゲーム内の街の雰囲気といい、おじさんおばさんといい、妙にうすぎたない暗い感じがしました。湯川元専務さがしはそれなりにおもしろかったですが。

Goodby GIF

そろそろGIFとおさらばしてもいいころだと思うので、ぼちぼちとPNGやJPEGと置き換えていくつもり。それにしてもPNGはほとんど使われてないですねえ。


prev index next


Last Updated: 2016.09.22. http://mimi.moe.in 狼どもの熱き砂漠